>コラム>幼い時期から英語に触れておこう〜アフタースクールの活用〜

幼い時期から英語に触れておこう〜アフタースクールの活用〜

婦人

アフタースクールで学べること

英語教育の早期化が急速に進められている現在、学校の授業だけでは不十分だと感じている方も多いでしょう。生きた英語を身につけるには、できるだけ早くから英語を使う環境に慣れることが大切です。アフタースクールは幼稚園児や小学生が放課後に通う教育施設のひとつで、ネイティブスピーカーやバイリンガルの先生たちと接する機会を作ります。自然なコミュニケーションを通じて、楽しみながら英語力をアップさせることが可能です。通常のスクールとは別に、英語の個人指導プログラムが用意されたアフタースクールもあります。また英語以外の教科を学習したり、ピアノのレッスンを受けられたりするなど、スクールの個性によって多彩なことを学べます。

アルファベット

費用の目安

アフタースクールの料金体系は施設によってかなり違うので、目的に応じて選ぶことが大切です。大まかに言えば、週1回の利用で月額1〜2万円程度のスクールが標準的です。利用回数が増えれば、料金は割安になっていくことが多いようです。これとは別に1〜2万円の入会金や年会費がかかるスクールもあります。また特別授業の費用や送迎料金などは、たいていオプションとして加算されるので、必要十分なサービスを選んでください。平日の放課後と長期休暇中では料金が変わることもありますし、割高になりますが会員にならずに一時的に利用できる場合もあります。いくつかのスクールを実際に参観し、比較検討してから決めるのもひとつの方法です。