留学することで現地の雰囲気を知りながら学ぶことができる

世界の共通語とされている英語を学ぶために、留学を考えている人はたくさんいます。その中でも、英語を母国語として使っているアメリカやイギリスを留学先に考える人は少なくありません。

留学するなら短期間か長期間かを比較

短期留学

短期集中型で学力をアップさせたい人にはおすすめとされるのが、短期留学になります。多くの短期留学では期間が数ヶ月となっており、中には1週間の超短期型の留学プランもあります。

長期留学

留学後に海外で生活したいと考えている人には、長期留学プランを利用することで、日本と外国の違いをしっかりと知ることができます。また、長期で学ぶことで語学だけでなくその土地でしか学ぶことができない知識も身につけることができます。

留学経験を就職活動に活かすこともできる

留学を考えている人の中には、将来海外で働きたいと考える人もいれば、語学力を学ぶためだけに参加する人もいます。しかし、留学をすることで、日本とは違う考え方や文化を肌で感じ取ることができます。その経験を活かして就職活動をおこなうことで、仕事の幅も広がっていきます。

留学で選ばれる国をランキング

勉強
no.1

カナダ

日本人が留学先に一番選ぶとされる国が、カナダになります。なまりの強くない綺麗な英語を学ぶことができる上に、多民族国家と呼ばれるカナダでは、世界基準のコミュニケーション能力を取得することができるからです。

no.2

オーストラリア

オーストラリアは、世界でも住みやすい都市として有名な国です。そのため、留学先としても安心して選ばれています。また、オーストラリアは世界中から移民を受け入れることでも有名な多文化主義国家になるため、コミュニケーション能力は、カナダ以上に身につけることができるといわれています。

no.3

アメリカ

英語を母国語として使うアメリカは、留学先に選ぶ人も多くいます。また、語学力だけでなくファッションや研究、ハイテク産業など多くの分野で最先端を誇る技術を持っている国のため、専門的知識も同時に学びやすい環境にあります。

no.4

イギリス

アメリカと同じく英語を母国語として使うイギリスでは、教育に関する意識が高いとされています。また、他の国とは違い、日本人留学生が同じ施設に固まることが少ないため、日本人のいない環境で英語に触れることができます。

no.5

アイルランド

アイルランドはヨーロッパにある国の中でもとてもフレンドリー性が高い国とされています。そのため、初めての留学でも安心して学ぶことができると人気が高いです。

[PR]
スピードラーニングの効果を比較!
英語学習の基礎を身に付けよう

日本ではなく海外へ留学することで英会話を肌で感じることができる

アルファベット

留学の際に持っていくものを確認しておこう

いざ留学をおこなうとなった際に、持っていくものをきちんと確認しておかないと、現地で困ってしまいます。生活道具はもちろん、持ち運びが可能なコンパクトサイズの英会話教材などを持っていくと、留学先の国を楽しむことができます。最後には話せるようになるのが目標ですが、最初は簡単な英会話が載っている教材を持っていると安心です。

[PR]
新宿で好評な英会話スクールとは?
英語を学びたいなら要チェック!

人気のアフタースクールをリサーチ♪